アンセリン サプリは、どれがいい?おすすめは、どれ?

アンセリン サプリは、どれがいい?おすすめは?

アンセリンサプリの源はマグロやカツオの筋肉から抽出されたエキス。渡り鳥の筋肉にも含まれており、長距離を移動できるのはこの筋肉の質によるものだと考えられています。

尿酸値を上げるのはプリン体が含まれるビールだけではない?

目安時間 約 2分

「尿酸値を上げるものと言えば?」と聞かれたら、ほとんどの人が「ビール」と答えるのではないでしょうか。

それだけ、ビール=尿酸値アップ=痛風、というイメージは大きいのです。

確かにビールには尿酸値を上げる原因であるプリン体が含まれています。

プリン体が肝臓で分解される際に作られる老廃物が尿酸であり、その尿酸が増えて血液中の濃度が高くなってしまう状態のことを尿酸値が高い、つまり「高尿酸血症」と言います。

ただ実は尿酸値を上げる、つまりプリン体が含まれているものはビールだけではありません。

そもそもプリン体は、さまざまな食品に含まれているものなのです。

プリン体が含まれている食品として挙げられるのは、鳥や豚、牛のレバー類(100g中約310mg~220mg)、エビ(同約270mg)、カツオやイワシ(同約210mg)などです。

それ以外にも多くの魚介類や肉類、そして煮干しや干しシイタケなどなど、プリン体は実に多くの食品に含まれているのです。

なので実際のところプリン体の多い食品を一つひとつ制限してプリン体の摂取量を減らすというのはかなり難しいですし、現実的ではありません。

そこでオススメなのが、食事全体の量を減らしたり運動をするという方法です。

そもそも尿酸値が高い人というのは太っている人が多いですが、太っている人というのは、血糖値を調整するホルモンであるインシュリンの分泌が多い状態になっています。

インシュリンは尿酸の排泄を阻害してしまうため、尿酸値が高くなってしまうのです。

ですから食事量を減らしたり運動することで体重を減らすことで、結果的に尿酸値を下げる効果が期待できるというわけなのですね。

 

どんな効果?
カテゴリ